工事現場に発生しやすい?ネズミとイタチによる被害の対策

工事現場で行なうネズミ駆除とイタチ駆除に関する疑問

工事現場周辺の害獣駆除~定期点検で再発防止~

解体工事現場の周辺での害獣駆除は定期的に行なうこと、地域全体が協力して行なうことで営巣を防ぐことができます。

周囲に配慮した駆除方法

ネズミを駆除する場合には、殺鼠剤などの薬剤を使用することがあります。しかし、環境に適した薬剤を用いますし、小さなお子さんの目に届かない場所に配置する、手にとっても害のないような形態で配置することを心がけているので安心してください。

駆除の進め方の疑問

ネズミ駆除の方法について詳しく教えて下さい。
まずは事前調査を行ない、侵入経路とネズミの種類を特定します。また、外に逃げ出さないよう目貼りを行ない確実に遮断します。粘着シートを設置する、巣の撤去や清掃を行なう、殺鼠剤の散布等、物理的・環境的・科学的の各方面からの防除を行ないます。そして最終的に、ネズミが入り込まないよう侵入経路を完全にふさぐ手立てを行ない作業は完了です。進入経路をふさぐ工事は、大掛かりな改修工事となる場合が多いのですが、確実に営巣の再発を防げます。
イタチ駆除ではどのようなことをするのですか?
イタチは鳥獣保護法により規制されているため、捕獲・駆除は基本的に行なうことができず、巣(住宅)からの追い出し作業をすることになります。燻煙剤で煙を蔓延させる他、イタチが嫌う臭いのハッカ油や木酢液などを散布し忌避を行ないます。その際、所構わず行なうのではなく、イタチの侵入経路を把握したうえで追いだし作業をしていくのです。場合によっては、爆竹を鳴らす・作業員が追い掛けて追いだす等の手段に出ることもあります。また、追いだし作業ができない場所にイタチがいる場合は、有害鳥獣駆除の申請を行なったうえで捕獲を検討することもあります。

工事中は油断大敵・定期点検をしよう

ネズミ駆除やイタチ駆除を行なった後は、業者によるアフターフォローがあります。区画整理事業などで解体工事が進むほか、田畑が開墾されている場合は特に被害が再発する可能性があります。そのため、定期点検を行ない、必要であれば忌避剤を設置するなどの行動を取ることも必要です。対策を行なうことで、ネズミやイタチによる被害を食い止めることができます。

TOPボタン